雑記

UQモバイル新プランに変更した 他社への乗り換えやめたわけ

UQモバイルから新プラン発表

令和元年9月、UQモバイルから新プランが発表された。私のようなライトユーザーにとっては、神改訂だ。auからUQモバイルに乗り換えておよそ2年になる。11月が更新月なので、他社に乗り換えようと考えていたけれども、このままUQで新プランに変更することにした。

UQモバイル新プラン 料金表

新しいプランは、本当にシンプルだ。スマホプランのS,M,Lの3種類だけだ。

プランデーター容量月額
3GB1,980円
9GB2,980円
14GB3,980円
  • 契約解除料がなくなった。つまり2年縛りがなくなった。
  • 余ったデータ容量は翌月に繰り越しできる。
  • 電話かけ放題がオプションになった。

通話オプションは
かけ放題(10分/回)が700円
通話パック(60分/月)が500円となっている。

月額1,000円近く安くなる(フランジーの場合)

私はSプランで十分だ。するとずっと1980円ということになる。今、2980円だから、1000円の値下げとなる。5分カケホがなくなったとしても、ほとんど電話をかけないので、あまり影響はない。フランジーにとっては、大きな値下げだ。

マイネオへの転出をやめて、UQに残ることにした

新プランが発表されるまで、マイネオへの転出を考えていた。Sプランと同等のプランだと月額1,500円程度。2980円の半額近くだ。月々1,500円程度とはいえ、固定費を節約できるのは大きい。マイネオだと朝夕やお昼どきにはスピードが低下する。しかし自宅にはwi-fi環境が整っている。あまり影響はないはずだ。「マイネオにしよう」と決めていた。
しかし今回のUQモバイルの新プランでは、UQとマイネオの料金の差額は500円弱だ。正直迷った。娘の住む東京やババ様の実家のある浜松へ、年に数回は訪れる。wi-fi環境がない。それが決め手となった。娘の自宅や妻の実家はWi-fiの環境が整っていないのだ。朝夕やお昼時に快適に使えるようUQに残ることにした。

プラン変更手続き

UQに残ることに決めたら、早速プラン変更手続きだ。私は10月が満了月だ。満了月に手続きをすると、翌月から新プランに変更できる。手続きは簡単だ。my UQ mobileにログインして、少し下にスクロールすると、次の画面が出る。

UQモバイル プラン変更(1)プラン変更画面へ

「料金プランを変更する」をタップして、次の画面を出す。

プラン変更画面プラン変更画面

写真の赤丸をつけた部分をタップして、自分の希望するプランを選択する。次へを押して、確認ボタンを押して終了。2分もかからなかった。後は、変更完了のメールのメールが届くので、それを確認して終わり。
2年縛りがなくなったので、他社がもっとよいプランを出してきたときには、いつでも転出できる。料金が安くなった上に、いつでも他社に移れる。私のようなライトユーザーにとってはまさに神改訂だ。
今、おしゃべりプランやぴったりプランで契約している人は、新プランに移行した方が確実に安くなる。契約して最初の満了月が過ぎている人は、早めにプランを変更した方が得だ。ただし、マンスリー割が残っている人は、UQに問い合わせてみた方がよいかもしれない。

マンスリー割がなくなった影響

ただし、いいことばかりではない。
総務省の指導が入り、通信サービスと端末販売を完全に分離する「分離プラン」が携帯会社に義務づけられた結果、これまでのような実質〇円のような売り方ができなくなった。また、キャリアで新型のスマホが安く手に入れることも難しくなった。UQモバイルでも、マンスリー割(auでは毎月割)がなくなる。これまでのようにただ同然で端末を手に入れることは不可能になった。しかしものは考えようだ。マンスリー割で縛られるより、量販店なり通販、場合によっては中古でもよい、安いsimフリーの端末をに入れて、いつでも転出しておく方がよい。他に条件のよい会社が出たらいつでも乗り換えられる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA